大人になるために

アダルトチルドレンが自分の中の子供を育てていくブログ

今日あったこと

昨日が遅かったから、今日は朝はやく起きれませんでしたね。

ずーっともやもやしてました。

 

ご飯を食べてたら

「ラーメン食べたい」と親に言われる。

ちょっとイライラした。「たまには連れて行ってよ」みたいなセリフ。

 

そんなに僕って親不孝かな

とか

僕がいないと行けないのか

とか

そんなこと思ってた。

 

昼までグダグダ。

身体がだるくて動けなかった。

12時を回って、焦り始めた。

 

すごく無駄な時間を過ごしてしまった、と感じた故の焦りでした。

シャワーを浴びて、ぱっと家を出た。

 

明らかに元気が無いのはバレていた。

笑顔がすごいひきつってたと思う。

 

自分の中に別の自分がいる。

別の自分と言うか、なんというか。

 

心が動きたくても、頭がそれを遮るんだ。

親への接し方がわからなくなってきたんだ。

これは、チャンスなのかな。

 

んで、Apple Watchを見てそのまま学校に来たよ。

 

 

あぁ、また胸が締め付けられる。

寂しさと羨ましさと妬ましさとが混ざったこの気持ち。

高校の頃から感じているこの生きづらさ。

 

好きです。

好きなんですよ。

 

恋愛とかじゃない。

とにかく好きなの。

 

だから、もっと僕を見て欲しい。

もっとかまって欲しい。

 

でも邪魔するのは、やっぱり自分。

誰かに世話してもらうなんて以ての外なんだよ。

 

 

 

だって僕はケアテイカーだから。

昨日あったこと

昨日は朝からばたばた

 

隣の区にも行きました。

 

お昼寝をしました。

起きたら罪悪感でいっぱいでした。

2時間あれば色々できただろう、と。

 

でも、疲れてたんでしょう?

寝不足だったんだもんね?

その欲求に従ったなら、素敵なことじゃない。

好き勝手しても、そのあとちゃんと動いたんだから。

 

夜はお通夜に行きましたね。

人がいっぱいいて、すごい幸せな気持ちになりました。

でも、あの笑顔に会えないのは、ちょっぴり寂しくて、涙ぐんでしまいました。

親族でもないのにね。

 

そのあとは旧友とかにばったりあって、ドライブ。

初めて、僕がアダルトチルドレンだと話した人。

純粋で、素敵な人。

 

僕のお兄さんです。

兄弟じゃないけど笑

 

でもその人もたまに怖い。

「自分と向き合え」って僕に言うから。

 

だから昨日は

ちょっとみえをはって防御してました。

 

そして、なかなか寝れなくて、あの本を読みました。

何の話だっけ。

あんまり覚えてないなぁ。

 

あの本を読む度に涙が出て

辛いけど

 

辛いけど何だろう。

安心します。

 

この辛さを知ってる人がいることに。

 

昨日も頑張ったね。

 

休み方、早く覚えられるといいね。